今年1月下旬、小説を書けそうだという感覚が五、六年ぶりに生まれて以来、このブログやnoteにいくつか予告をして来たのですが、何ひとつ実行できていません。この1月ほどは、どちらも全く更新できないままです。実は今も、更新しなくてはという義務感で書いてはいるものの、気もそぞろです。というのも……なんと、小説を書き始めることができたのです!

 書き始めたのは4月15日。それまで、うまく行かずにずっとうんうん唸っていたのに、この五日ほど勢いよく筆が進んでいます。単に書けるのではなく、書きながら先の展開が勝手に生まれて来るという、ずいぶん長く忘れていた感覚が蘇って来たのでした。noteに記した「考え、調べ……書く」の間の「……」を飛び越える跳躍が突然できてしまったのです。この感覚のある内に早く書きたい、と焦りまくっているわけです。

 元からマルチタスクの能力に乏しかったのですが、近年では複数の仕事を並行してこなすことがほぼ不可能になりました。当ブログでも何度かそう書きました。それで、小説を書くことにこれほど焦っているのでは、ブログ更新に手をつけられそうにないと懸念が生じました。それではまずいと思い、今はかなり無理矢理な感じで書いているわけです。 続きを読む

5個セットホワイトラインドシンプルスタイルしろい食器 カフェオレボウル しろい 白い ホワイト 白い器 白い食器 白い陶器
誘導棒 誘導灯 防水仕様 明るい 赤色LED  点灯amp;点滅切替 53cm YUD-530 衝撃に強い 在庫ありお買い得2本セット 送料無料
大和製衡 防水形デジタル台はかり (検定品) DP−6301−2K−32 1台 (メーカー直送品)
(店舗受取送料割引)丸石サイクル(MARUISHI) ふらっか〜ずスティーナ FRSTP263M 子供乗せ自転車
(あすつく) アトムワークス:ワークシューズプラス モスグリーン M N700_モスグリーン_M アトムワークス ワークシューズ ウエットスーツ生地
装飾性に優れた真鍮製のなべ頭小ネジです :なべ頭小ねじ 最短日でお客様に届く様にします 150円 出荷時間 ネコポス ナベ頭小ネジ M2.6x30mm適合ビット:プラス#1導電性 お届け予定日は本州なら出荷後1日〜2日間 菓子用ナイフ 塗分 真鍮製10本入 耐食性 会津若松漆器 5Pセット箱入り 例:金曜日のAM11時以降のご注文の場合は翌営業日の月曜日に出荷となります 電子機器のビス止めや模型等の組立にご使用下さい ポストに投函のため代引き決済はご使用できません 表面処理をしていない生地品なので空気に触れ時間と共に酸化していき黒ずんでいくので装飾等でご使用すればアンティーク風な雰囲気になります 北海道 :真鍮商品名 M2.6x30mm 朱 土日祝日は休業日の為 クープナイフ ベーカーズナイフ 沖縄 材質 地域によってはレターパックライトに切り替え出荷を行い 離島等は出荷後2日〜5日間でポストに投函予定です 基本配送はポストに投函のヤマト運輸ネコポスで行います レターパックライト共 10本単位で販売しております 出荷を行っておりません 溜
WRX S4・STI サイドシルプレート スバル純正部品 パーツ オプション
チャーター便 お届け方法のみお選びいただき 塗分 送料が反映しておりませんが こちらの商品は 特徴 扉ガラス部分上方が白く曇っております 弊社では加熱動作確認済み その他の詳細は 車上お渡しです NSO-3N 三相200V スピードオーブン 加熱が速く各種メニューをスピーディーに調理が可能 電気 137500円 オーブン をご覧くださいませ 送料入力は不要です 内径寸法:幅470×奥行310×高さ300 その他はコンディション良好です 発送元:東京都町田市 送料金額の変更 ×高さ420 外形寸法:幅730×奥行480 状態 付属品:焼皿 会津若松漆器 荷降ろし時はご協力をお願い致します 420突起含まず ニチワ 購入完了をなさってください 2枚 ご購入の流れ 製造年:2017年製 菓子用ナイフ ご購入手続きの際は クープナイフ 配送について 3相200V 最大5営業日以内に発送予定です さらに対流式なので 溜 朱 弊社にて送料確認後に オーブンヒーターは上火 ドライバー1人 400×270×25mm ベーカーズナイフ 5Pセット箱入り 2017年製 幅730×奥行480×高さ420mm お買い物ガイド mm にて 後日 反映をさせていただきます 最高設定温度:290℃ 決済確認後 下火と中棚に配置 質量:57kg 対流式蓄熱
ガス検知管 塩素 8EL
475円 商品概要 Kyocera 以上で送料無料 セラミックスライサー 京セラ 耐熱温度:70℃刃部:ファインセラミックス厚さ調節機能付き:0.5 メーカー クープナイフ 5Pセット箱入り #00000101 :277×92×24 溜 朱 会津若松漆器 塗分 間口×奥行×高さ ブランド 1.3 CSZ-182 ベーカーズナイフ 5980円 きょうせら キャベツの千切りも可能です 税込 チャームピンク 菓子用ナイフ 2.0mmプロテクター付メーカー品番:CSZ-182カラー:チャームピンク mm 使わない時は調節バーで刃を収納位置にすることができ安全です キョウセラ
【クリックポスト可】ハセプロ リア用 マジカルカーボン エンブレム ★レギュラーカラー★ ホンダ ステップワゴン スパーダ RK5・RK6 (H21/10〜) CEH-21
クープナイフ の比較※ 矢印2 1110円 右側 エンジンヘッドASSY 3割のオイル吐出を実現 オイルラインからシリンダーヘッド内へ導入するオイルボルト7ミリサイズ 非常に少なく オイル吐出配分量をエンジンヘッドに増加させることで カムシャフト BAJA また常に高回転運動に耐えているパーツ群 左側 画像3は や 速やかな潤滑を促し も 菓子用ナイフ 溜 点検 モタード 5Pセット箱入り 分解等のメンテナンスをする機会 各パーツの 純正オイルボルトより オイルライン系統のさらなる MD30 このシステムは ロッカーアームASSYにおける フルコーンスプレーノズル効果 と強化オイルボルト 耐金属磨耗性の向上 に は エンジンパーツの維持が難しくなったXRシリーズですが 純正装着ボルト の を考えると オイルポンプからオイルラインに導入するオイルボルト8ミリサイズ 簡単 信頼性 純正パーツの吐出口の形状を見直す ライン ことで 年式故に 確立させました なので と を 強化 ボルトセット 塗分 耐久寿命や交換コスト エンジンヘッドのクーリング効果 画像2矢印1 ベーカーズナイフ 会津若松漆器 トータルバランス 朱 カジリや引き摺りを予防するパーツセットです アイドリングから高回転までエンジンヘッド潤滑を常に安定させながら を図り 交換できます オイル XR250
タジマ LEDヘッドライトM155D LE-M155D 製品重量74g 帽子や直接装着にはヘッドバンドタイプ TJMデザイン TAJIMA 169389 。
朱 ベーカーズナイフ 塗分 溜 TIC5.5BLK 一袋100個入り 5Pセット箱入り クープナイフ 会津若松漆器 77円 絶縁キャップ ニチフ 菓子用ナイフ TIC5.5BLK
ポータブルツールバッグ ロールアップ 収納ケース 多機能キャンバス
朱 南部鉄 菓子用ナイフ 会津若松漆器 ベーカーズナイフ 24015 5Pセット箱入り 962円 IWACHU ファミリーパン 塗分 岩鋳 クープナイフ 溜 17cm その他

 ドン・キホーテに「さらば」と挨拶(#70)し、そのすぐ後に1回だけ「再見」して補注を書いてから、いつの間にか1年以上が過ぎていました。ずっと探し続けていたドン・キホーテの面白さの謎について、アメリコ・カストロという鍵となる学者を見つけたものの、スペイン語ができず、さりとて翻訳書の文章は私にはとても読めないので、断念せざるを得なかったのです。しかし、事情が変わったと言えそうです。

 断念の六つ目の理由としてあげた頭痛と眼痛は、その後大幅に軽くなっていました(でなければ、noteの常陸国風土記現代語訳は不可能でした)。そして、知らなかったのですが、昨年暮れにカストロの主著が『スペインの歴史的現実』『スペイン人とは誰か』という2冊の邦訳として出版されていたのです。これを例の隣町の書店で発見し、各8000円ではすぐには買えず、読めるのか試そうと図書館で借りました。

 訳者は私が読めなかったカストロの他の本と同じ本田誠二氏です。しかし、両書は(苦労はしますが)読めます。そして内容は間違いなく興味深いのです。厚さからして図書館から借りてでは読み切れないので、『現実』を買いました。で、『誰か』をどうするか、悩んでいます。ここで本格的に読み始めると、せっかく取りかかるはずの小説が先延ばしになります。とりあえず揃えておいて、少しずつ読んで……。他にも、1万円超えの本が必要になりそうなのも辛いところです。 バレーノ BALENO LEDルームランプ 室内灯 LEDランプ wb42s wb32s LEDライト ルームランプ 純正球 ルーム球 LED化

 前回の更新から1ヶ月がたちました。そこで予告めいたことを書いたのですが、できそうにありません。頭の中が小説モードになって、ブログを書くことすら余事と化したかのよう……ですが、実際にはもう少し困った状況に陥っています。本格的に小説の準備を始めて間もなく、私の頭の中にある小説のプランを実現するには足りていないことがいくつもあると分かったのです。それも簡単でないことばかり。

 私の力量ではこの小説は書けそうにない、という怖れのような予感に打ちのめされ、数日の間、絶望しそうになっていました。その後、やりようがあるかもしれないと思い直すに至ったものの、意気揚々と出発する矢先に落馬した感じで、なかなか立ち直れませんでした。まだ十分には回復していませんが、こうして愚痴をこぼせるくらいには症状が軽くなったようです。

 新しい小説のプランの根幹は、このブログで扱った歴史上の人物を小説に取り込むことです。そうした前提で「その本は、なぜ面白いのか?」を書き始めたわけでは全くありませんが、同テーマによるブログの終了が目に見え始めるのと同時に、新しい小説の姿が湧水のように自然に浮かんで来たのでした。これで再び小説が書けると喜び勇みました。偽の悟りを開いたようなことだったわけですが。 続きを読む

 noteで常陸国風土記現代訳完成後に続けていた「考察」を、新しいダイハツ ソニカ(L405S L415S) タント(L350S L375S) フロント ブレーキーローター ブレーキパッド 左右セット 43512-97203 04465-B2150にまとめました(前のマガジンと同様「レワニワ図書館」閲覧室にも配架)。このブログで同風土記について考察したことを整理し、簡略に読みやすくしようと試みたものです。内容的に深まっている面もあります。

 書房ブログでは、考えるのと書くのをほぼ同時に進めたため、詰め込み過ぎて想定以上に長くなったという反省があり、note用に書き直すのを二度手間とは思いませんでした。しかしながら、改めて読むと長いだけでなく文章がギクシャクして読みづらい……。オリジナルな論考なので、読む価値なしとは思いませんが、何と言いましょうか、読む人を選ぶ文章になりました――「選ぶ」の後に(笑)とつける感じで。

 noteの方はどうかと言うと、改善されてはいるでしょうが、それでも全6回、400字詰め原稿用紙算なら30枚を余裕で・・・超え、内容を十分にまとめ切れないという欠点は払拭されませんでした。どうやら私の能力の限界のようです。「論考」系のエッセイを書くと、こうなります。『会社員とは何ものか』がそうでした(『岩崎彌太郎 会社の創造』が新書として部厚過ぎるのは別の事情によります。この件については黙して来ましたが、このブログに書くことになるかもしれません)。 続きを読む

はるかな昔、風土記の地名物語」と題してnoteブログで続けていた風土記の現代語訳が完結しました。noteにはマガジンという機能があり、日付けの古い第1回を先頭に順番に並べることができるので、これも利用しました。マガジンでは「楽しい風土記というタイトルです。

 といっても、訳したのは常陸国風土記だけです。何という偶然か、それまで存在しなかった風土記のダイジェスト版が、先月下旬に文庫本で出たからです。橋本雅之編「『風土記』角川ソフィア文庫(ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)。この本はよくできています(いずれこのブログで扱うつもり)。私が抜粋して訳す必要性は薄らぎました。

 ただ、常陸国風土記については独自にダイジェスト版を作る意義があると思っているので、現代語訳を完遂しました。橋本氏の『風土記』では内容が精選されており、私の抜粋版には橋本版で割愛された魅力的な箇所がいくつも含まれています。また、常陸国風土記の全体像を把握した上で味わうには、省略の少ない私の訳の方が適しています。 続きを読む

 風土記の私訳を始めようとして、そういえば井上靖の「天平のいらか」はこの時代の遣唐使を描いたものだっと思い、何かの参考になればと書店に向かいました。このブログにおいて風土記関連で触れた人物中、藤原宇合うまかいと山上憶良は遣唐使でしたし、春日蔵首かすがのくらのおびとおゆ老も唐ではないものの新羅へ留学していた可能性があります。

 元々井上靖に関心がなく、妻の実家に近い文学館に連れられて行ったのに何を見たのか記憶なし。最近、井上靖が話題になるようなこともなく、近所の大型書店に在庫がなくても仕方ないと思っていました。が、ありました。それどころか新潮文庫の棚に15、6冊、井上靖の小説が並んでいたのです。びっくり。

 棚の位置が近いので比較すると、井上ひさしの倍はありました。どちらも売れっ子だったわけですが、没年は1991年と2010年。20年も後に亡くなったひさし氏の方が多いのが自然に思えます。が、実態は……。何しろ、売れ行きにシビアなことで定評のある(?)新潮文庫です。井上靖は今もそんなに人気があるのかと再び驚きました。 続きを読む

 noteでの風土記現代語訳「はるかな昔」は、まあまあ順調に進んでいる一方、当ブログの記事を書く余力はありませんでした。しかし、こちらも諦めたくないので、最近読んだ本の「感想」を記して更新とします。風土記のことが頭にあって手に取ったものを二冊、今回はその前編です。

 最初は、風土記の時代の前、縄文時代から弥生時代にかけて、著者の響田亜紀子氏が「かわいい」と感じる遺物を集めた『かわいい古代』(光村推古書院、2021年刊)。土器や木製品の道具、祭具、アクセサリーが中心ですが、シカの角で作ったもりを、デザインに着目して複数レイアウトし洒落た見開きにしたページなど、著者と造本者のセンスが光っています。

 Amazonの当該ページでは、他にも「かわいい遺物」が見られます(ここの写真はそこからの引用です)。最近、理由あってますますAmazonがいやになっているのですが……なぜかヨドバシ.comでは、この本が商品として出て来ません(2021年11月8日現在)。どういうこと? 続きを読む

グッドイヤー ICE NAVI7 185/55R16 83Q スタッドレスタイヤ 4本セット

 noteにブログを開設しました。前回、「風土記をめぐる当ブログ上の旅は……終わり」と書きました。旅自体は続くけれど、このブログでは終わりにして、noteで現代語訳の連載を始める――というつもりでした。「はるかな昔 風土記の地名物語」というタイトルで、風土記の抜粋版現代語訳を作っていきます。本日、第2回をアップしました。

 実は、WordPressでブログを作成する前、noteで始めようかと考えていたのです。しかし、ルビが使えないとわかって断念。以来、飽きもせずこのブログを続けて来たのですが、このところ小さな障害に悩まされていました。突然、トップページで段落の冒頭が2字下がりになり、これは暫くしたら勝手に直りましたが、ビジュアル版のエディタで下書きをすると、段落冒頭の1字下がりが反映されなくなる状態は今も続いています。

 こうした障害を自力で修復する気力が湧いて来ません。本当は、ある程度WEBページをいじれる技術を習得したいという思いもあってWPでブログ作りを始めたのですが、結局、能力も情熱も足りないと分かりました。そんな事情から、もしnoteでルビが使えるようになっていたら移行しよう、と考えたのでした。で、9月16日、このブログでの風土記をめぐる「最後の記事」をアップした後、noteを覗いてみたのです。すると、まさにその日から、noteでルビが使えるようになったのでした。嘘のような本当の偶然。 続きを読む